palmahabanera | violinist SAYAKA | ヴァイオリニスト SAYAKA Official Website » palmahabanera

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

Sayaka y su Palma Habanera パルマ・アバネーラ プロフィール

情熱的であたたかい。ジプシージャズ、ラテン、クラシック・・・。世界を旅する5人5色の個性が重なる、“東京発ラテン・ミクスチャー”!

2009年7月にデビュー・アルバム『Palma Habanera(パルマ・アバネーラ)』、続いて2010年11月にセカンド・アルバム『A Cuba(キューバへ)』を発売し好評を博した、ヴァイオリニスト“SAYAKA” 率いる「SAYAKA y su Palma Habanera」。
それぞれ異なる音楽性やキャリアを持つ5人によって生み出されるサウンドは、キューバ~ラテン音楽をベースにしながらも、従来の枠から一歩踏み出してみようという真のミクスチャー感覚に溢れたものだ。しなやか、且つ、したたかなアンサンブルも、ライヴ・セッションを神髄とするバンドの性格を存分に伝えている。

グル―プ結成に至った経緯、これまでの活動も、メンバー5人の化学反応による必然と偶然を同時に確信させるものだ。初めて音合わせをした日に全員が何か特別なものを感じ、音を創りたいと願い、ライブ3回目にしてジャズオーディオ界の重鎮である伊藤八十八氏プロデュースのもと、CD制作(乃木坂ソニーミュージックスタジオ)が決定。次の目標をキューバ公演とし、オリジナル楽曲制作やフェスティバル出演など積極的に活動を続け、2009年12月に大使館より招待を受け、日本・キューバ外交樹立記念コンサート出演を果たす。2011年10月には韓国のUlsan World Music Festivalに出演。
進化し続ける“Palma Habanera” - 世界への旅を目標に、ジャンルの壁を越えた情熱的で楽しいサウンド、ここ日本でしか生まれないオリジナリティーに溢れた音楽を発信し続けている。2012年7月に3枚目のアルバム「Pa'l Mundo」を発売。

メンバー紹介

SAYAKA 写真

SAYAKA(violin)

·SAYAKAプロフィールページへ

大口純一郎 写真

大口純一郎(p)- Junichiro Ohkuchi

幼少時代にロンドンでクラシック音楽に触れ、大学卒業後はジャズを中心に精力的に演奏活動を始めて今や多くのミュージシャンが尊敬する存在に。理論を知っていながらも理論に支配される事が決してなく、そこに生まれた音、人のエネルギーに誰よりも敏感に反応してサウンドを作る、音の魔法使い。詩人のような、空間を支配するサウンドに誰もがうっとりする。 ·Official Website

柴田亮太郎 写真

柴田亮太郎(guitar)- Ryotaro Shibata

エレキギターをかき鳴らす時代を経てスペインに渡り、マドリッドを経由し、フラメンコという外国人にはハードルの高い音楽の聖地・ヘレスに行き着く。現地の音の世界(=生活)にどっぷりと浸かり修行を続け、スペイン人たちと演奏活動を行う。日本に戻った今もヘレスで経験してきた「内面の音」を大事にし、パフォーマンスに走る事なくじっくりと新たな音を生み出している。

小泉哲夫 写真

小泉哲夫(bass)- Tetsuo Koizumi

学生時代にキューパやプエルトリコの音楽に出会い、卒業後すぐにラティーノ達のバンドで演奏活動を始める。ラテン音楽において最も重要な「踊れるグルーヴ」をベーシストがどれだけはじく事が出来るか、その重要性をキューバで理解、取得し多くの現地ミュージシャンに認められた彼は、今や数少ないラテン系ベーシストとして引っ張りだこである。

大儀見元 写真

大儀見元(per) - Gen Ogimi

世界的にヒットした“オルケスタ・デ・ラ・ルス”を立ち上げた後、NYの人気サルサバンドのコンガ奏者という狭き門をくぐり抜け、アフリカ音楽に没頭した後帰国。自身のバンド、“サルサ・スインゴサ”を立ち上げ、NYでの経験を軸に日本でも徹底したサウンドを展開。ポップスからジャズまで全てをこなす、日本の音楽シーンに欠かせないパーカッショニスト。 ·Official Website

Secrets of Palma Habanera

個性豊かなパルマ・アバネーラの面々。
その「素顔」を、ずばりメンバーに聞いてみました!
心が通じ合っている5人だからこそ言える、
メンバーによる、メンバー評。
これを読めば、アナタも本当の「“パルマ”通」。
さあ、めくるめくパルマの世界へ、Vamoooos!
(※取材スパイによる注釈付き!)

さて、あたなのパルマのメンバーの印象は?
ライブの場で、パルマの音楽と共に感じて
みてください!
早速、ライブスケジュールをチェック!