violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

キューバより帰国、春のミニツアーに向けて!

2019年3月23日

cuba1


cuba2


cuba3


cuba4


今年はゆっくり、演奏活動は思いの外していますが、家族でキューバに行くことが出来ました。
師匠が所属する国宝バンド、オルケスタ・アラゴンを楽しみ、超絶テクニックのフルート奏者Maracaのバンドに参加させてもらって収録したり充実の3週間でした。娘は新しい菌に触れて逞しくなった様子、わんぱく止まらずコンクリートの白壁を食べました。女の子とは思えません。


今年は春と夏にミニツアーを予定していますが、4月中旬は東北へ!
SAYAKA’s Cuban Projectとしては初の試みです。
キューバ出身美声のカルロス、マドリッドからの骨太グルーヴを放つベーシストHaru、そして各地サルサで大活躍のGENKI。この4人で絶賛踊れる!海が見えるサウンドをお届けいたします!
北陸と東北の良さを兼ね備えた新潟から始まり、美味しい料理が評判の仙台の居酒屋さん、そして盛岡の名店すぺいん倶楽部。
どちらも初めての場所なのでドキドキです。


1


2


3


そして4月下旬は九州に。
唯一無二のスーパーベーシスト高橋ゲタ夫さん率いるラテン変遷アラカルトリオが佐賀城ジャズフェスへ出演です。
その前には熊本のこちらも名店のキーブ、そして鹿児島はとってもラブリーなご夫婦の絶品カフェ&料理が楽しめる素晴らしいお店、明日の地図に出演です。鹿児島と熊本はGENKIくんがサポートしてくれてダンサブルなイベントに!
アラカルトリオのサウンドはこの大御所お二人の自由自在な音遊びが気持ちよすぎて、弾くのを時々止めて聴き入ってしまいます。
ロックスターから演歌まで引っ張りだこ、そしてサルサに長く携わっているお二人だからこその躍動感あるサウンドをお楽しみいただけますっ!


6


4


5


また、7月の最初の週末は沖縄から始まり奄美に終わる船旅を予定してます。ライブももちろん。
8月中旬は北陸にてキューバンプロジェクトです。
各地で皆様にお会いできることを楽しみにしております!

Share !

ワーママ2年目へ

2019年1月11日

今年は霧島の和氣神社よりスタート!
白いイノシシ「和気(わけ)ちゃん」を拝んできました。
皆様にとって素晴らしき1年になりますように。
今年もよろしくお願い致します!


wake


年始は鹿児島にてはまりつつある炭酸水素塩泉の温泉と国分にある安ウマおでん。
かわいい親戚ベイビーズに黒豚しゃぶしゃぶ。
ああ日本てステキ!


昨年は母1年生として、仕事と育児のバランスがよくわからないまま突き進んだ1年でした。
昔は、もし子供が生まれたら「母の背中を見て育つんだよ」とか言ってガシガシ働くのかなと思ったりしましたが、この時が止まったような赤ちゃんとの日々!やりたいことはできないけれど必要とされただただそれに応えるという時間は、一瞬たりとも無駄ではない。


今年は「できることをもくもくと」が目標で、創作の時間を増やしたいと思っています。
沢山のサポートあってこそですが各地ミニツアーも予定しています。
まずはキューバの第二の母の元に子供を連れていかなければならないので、遠路はるばるハバナまで行ってきます。
今日は9キロ抱えて分身ちゃんのパスポートの申請へ!
電車でサラリーマンに席を譲ってもらえて今年は良い年になりそうだとウフフ。


美しい空にあっつい太陽、そしてあたたかい愛を感じてパワーアップして参ります!


1月のライブは3本。
14日(月祝)は青山プラッサオンゼにてセッション。


praca


17日(木)戸越銀座 旬菜料理あかだにてラテン変遷アラカルトリオ
出演 : 高橋ゲタ夫(b) 中島徹(p) SAYAKA(vln)
open 19:00 start 19:30 5000円(charge,軽食,1dr付)+投げ銭


latin


21日(月)六本木アルフィーにてキューバ人歌手カルロス、GENKIトリオ


alfie121


どのライブも楽しみ!
そして帰国後は2月24日(日)に六本木アルフィーにて弦楽四重奏です!ゲストにギター柴田亮太郎くんを迎えて。
28日にはヴィオラの山田那央ちゃんコンサートに弦楽四重奏で登場です。


nao


今年も沢山の笑顔に会えますように。

Share !

夏から秋へ、旅が続きます。

2018年9月3日

ina


毎年恒例となりました夏のキューバンプロジェクト、高崎、長野、富山への充実した旅が終了しました。
各地、ほんとにあったかい人たちばかりでエネルギーたくさんもらっちゃいました!
高崎は反応が素早くて、じっくり聴いても踊っても、と自分たちの楽しみ方がぶれない強者たちばかり。
長野の伊那は素敵な空間で、しっとりしたコンサートのように始まったのに最後は総立ちの大盛り上がり。
富山は踊るチームとにかくもじっくり聴いてくれて内に秘めた情熱をステージまで届けてくれる。


リビングアート in 大山2018の楽器製作ワークショップも三回目。


living2


今回は竹でギロを作りました!
まずは山に採りに行き


living1


切って


living3


溝を入れたところに色を塗る!


living4


living5


最初はちょっと恥ずかしかったり難しかったりしたかもしれないけど、みんなリズムをアドリブで作ってソロパートを演奏してくれました!大人だって子供に負けず自由に奏でちゃうんだから!!ワークショップ参加の男の子が夜のライブでもギロで参加してくれました。感動。


giro


このイベントはご飯がまた絶品なんです♡


living7


そして早速秋の中部関西ライブに向けての準備が始まりました。
名古屋、和歌山(初!)、大阪そして京都。
キューバ音楽を中心とし、ジプシージャズからクラシック斬新アレンジまで。
今回はスペインを中心に活躍中のキューバと日本のハーフベーシストが初登場!
どんな旅になるか今からワクワクです。


tour1


tour2


tour4


各地、お待ちしております!!

Share !

夏のツアー第1弾!

2018年6月29日

yoron1


ついに!夏がやってきた!とろける海!


ここ数年は、夏には南下すると決めていて鹿児島の島々を周るのが恒例行事となっています。
今年は赤ちゃんがいることだし沖縄から始まる船ツアーは断念しましたが、かろうじて沖永良部島には行けることになりました。





奄美や与論島も勿論大好きですが、沖永良部島は穴場ですよ、特に潜りたい人にはたまらない島のようです。





そして島の血を受け継いでいるあたしの分身ちゃんに海デビューをさせるのです。
早く奄美に連れて行ってあげないと!








さすが現地感出ますげんきさん。馴染みすぎです。


そんなことで今年の夏は、九州と北陸&北関東ツアーを決行。
ギター柴田亮太郎、歌とパーカッションGENKIのトリオ!
まずは7月、鹿児島、熊本そして福岡。
「子供が小さいのに連れまわして非常識な親!」という時代は大分薄れてきているみたいです。常に「いいのだろうか」という不安はあるものの、みなさんがあたたかく受け入れてくれるので感謝感激です。そしていつものみんなの笑顔に会いに行けるのです。


非日常の弾けるような音を楽しんでもらいたくて、中南米、ジプシージャズに加えてヴィヴァルディ作品を用意しました。テーマは勿論「夏」です。あのロックのような、躍動感止まらない劇的な音楽を聴いて頂きます。





鹿児島:素敵なご夫婦の経営するカフェ、鹿児島では人気のジャズスポットに。美味しいものを一緒に楽しんで頂けます。





熊本:とってもエレガントなダンサーお二人とのコラボ!今年はどんな曲で踊ってもらいましょうか、楽しみです。





福岡:福岡ではフラメンコダンサーとのコラボ。あのステップと共に亮太郎くんのギターが美しく鳴り響きます。


海に向かって走るのだー!
そして、夏を感じる音を届けに参ります!





Share !

新たなステップの1年へ

2018年1月13日

昨年は旅仕事の多い中、出産に向けて多くのサポートや応援の声に助けられ、とても有意義な1年を過ごすことができました。
タモリさんに安産祈願してもらい、女優の京香さんに抱っこしてもらうという何ともラッキーなベイビーちゃんはトラブルなくスクスクと育ち、早速仕事との両立の準備に突入なのです。
生まれてすぐ、授乳の合間のうたた寝中に浮かんだメロディーを書き留めるも、どこに書き留めたのか覚えていないというこの余裕のなさ。
しかしながら泣き声さえ愛おしく、ペースをつかむのはまだまだ先のようですが育児を楽しんでおります。


バイオリンを弾いている時はお腹の中でおとなしかったベイビーちゃん、ピアノ、ギターには大反応でした。生まれてからは父の腕の中で踊り、じいじのピアノとばあばの歌であやされるという音楽一家ならではの特典。この環境だとやっぱり音楽をやりたい、って言うのだろうか。


毎月恒例の六本木アルフィーライブより活動再開いたします。
ここ10年ほどずっと音を作ってきてくれた亮太郎くんと、じっくり音と向き合う一夜を。


alfie211


3月15日は弦楽四重奏プロジェクト、5回目となります。
たっくさん作品を書こうと思っていたけど、妊婦時代最後は思いの外ゆっくり、お菓子を作っちゃったりして、、
とあるコンサートのアンコールピースとして依頼された、ベートーベンをテーマとした小品を披露予定。レパートリーも増えてきたので今年は楽譜の出版を目標としています。ワクワクします。


さて、今年も大いに寄り道しながらたくさん笑い、音を鳴らし、ぶれることなく1日1日を生きていけたらと思います。
皆様にお会いできるのを心より楽しみにしています。

Share !