9月 | 2014 | Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA » 2014 » 9月

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

フランスジャズフェス!

2014年9月23日

今年8月4日に南フランスのMarciacという素敵な街で行われたジャズフェスに参加してきました。
誘ってくれたのはキューバの超絶技巧フルート奏者Maraca。
Marciac Jazz Festival MARACA
ラテンジャズ界のスーパースターたちとの共演、少ないリハーサルにも関わらず難曲にチャレンジしてきました。
日本は欧米から遠いので中々誘いづらいようですが、今回は久々に声を掛けてくれて嬉しい限り。中々ハードな旅でしたが満喫してきました!
いくつか写真をアップします。


mar1


あまりにフライトが過酷だったため、パリに到着して気分転換にお散歩しました。
どんなに過酷だったかは書くとまた疲れてしまいそうなので書きませんが、史上最悪の航空会社でしたー。「飛行機なんてもう乗らないっ」て一人でだだこねました。


1時間程歩いたらセーヌ川に。ポンヌフでボーとしていたら船を発見。
家族とカップルに囲まれながらセーヌ川、エッフェル塔を満喫しました!


mar2


カフェで赤ワインをひっかけました。
おじいちゃんが相手をしてくれて、一生懸命フランス語を話しました。
スペイン語の前はフランス語勉強してました。大好きな言語!
Tres Joli!って言ってくれた。可愛いって!!


そしてやっぱりフランスに来たらお肉だっ!ってことで一人レストランに。
オススメのやつを頂いてしまいました。


mar3


お肉だけで言ったら日本ですごーく美味しいステーキを食べられるけど、ざくっと出て来るパンやワイン、付け合わせの野菜のうなだれた感じとか、フランスだなあ、と。無愛想っぽいウェイターも話しかけるとみんなお茶目だし親切。


そろそろみんなも着く頃かなあ、と思いながらホテルに戻り、何となく気になって近くのカフェを覗いたら、ビンゴ!このお二人に遭遇!


mar4


世界一のコンビ、Giovanni(perc)とEl Negro(dr)。
やっぱりお肉と赤ワインやってました。
大声で叫んで抱き合って、再会の喜びを分かち合いました。
世界が小さいと感じる瞬間。


パリでリハ後、Marciacへ飛行機で移動。ピアノのHaroldとコーヒーを飲みながら音楽人生を語り合い、私もずっと日本にいれるんだろうか、なんて考えたりして。
Marciacはヨーロッパの映画に出てきそうな、小さくて美しすぎる街。
こんなところでジャズフェス?と思いましたが、ヨーロッパでは休暇を南で過ごすのは定番で、何千人もの人がこのフェスを目指して南下していました。ホテルは少ないから、キャンピングカーで来る人も多いとか。


mar5


そしてもちろんここでも!


mar6


牛肉タルタルだよー!!美味!


リハーサル。Maracaはピアノも上手。というかキューバ人ミュージシャンはどんな楽器もこなすのがスゴイ。私だってピアノ、ベース、パーカッションもキューバで勉強したけど、比になりません。


mar7


アメリカから来たSteve Turre(tb)とBrian Lynch(tp)、フランスに住むフランス語が上手なキューバ人Irving(sax)。みーんなすごくゆったりしてて、素晴らしい人たちでした。


mar14


みんなが浴衣姿の私を珍しそうに見るので、こっちからもメディアのみなさんをパシャリ。


marc8


本番で浴衣を着るつもりではなかったのですが、半ば強制的に早着替えをさせられました。
「おまえ、日本人なんだからキモノ着ないと意味がない!」だそうで。。


mar9


mar10


そしてなんと、リハーサルあとの食事は、フォアグラと赤ワインから始まりサラダ、メインそしてコーヒーまで。
フォアグラの産地だそうで、みんな凄い勢いで食べてました!


mar11


mar12


mar13


あんまりにグルーヴがぐるんぐるんで気持ちがよいので、浴衣で踊り続けました。そしたらベースのPaseiroくんのラインがアフロ&ティンバ感たっぷりになって、すーごいテンション上がりました。
ただとにかくみんなシンコペーションが激しいので(裏拍にアクセントがあるフレーズ)、リハーサルでグルーヴを掴むまで1時間くらいかかりました。キューバ人と演奏するといつも感じること。難しいのに異常にゆったりしてる。


今回の旅も、素晴らしい経験をさせて頂きました。
優しくて実力のある面々に囲まれて、それぞれの人生の片鱗を垣間みると、私も自分の足でしっかり立って、人生を感じながら音楽をやっていきたいな思うのでした。
はてさて、どんな旅が待ち構えていることやら。

Share !

ライブあれこれ!

2014年9月20日

短い夏が終わり、南下したくなる気持ちを抑えつつ演奏の日々。
ま、でも秋もいいものだ。
涼しい空気を感じると五感が研ぎすまされるような気分に。
久々に新曲を書いたりして、五線紙を見ていたらここ2、3年の出来事に思いを馳せて、馳せ過ぎて筆が進まなくなってしまったりして。
仕方がないので食材探しの旅に出掛けて、今日もお腹は満足!


今年後半はライブが充実。クラシック活動もだいぶ慣れて感覚を戻しつつあります。
年末まで旅を含め、彩り豊かな毎日です。
お時間のある時にぜひ秋のSAYAKA音を聴きにいらして下さいませ。


★まずは9月21日の日曜日。
キューバ人歌手カルロスとのデュオ、吉祥寺のレストランでランチタイムに演奏します。
キューバ映画「ブエナビスタソシアルクラブ」のツアーメンバーとしても活躍する素晴らしい歌手です。ゆったり、愛の歌をお届けします。ランチだし、気軽な気分でお出掛け下さい。お席もう少しだけ確保出来ます。


carlos


★次は9月25日木曜日、毎月恒例の六本木アルフィーライブ。
長い間一緒に音楽を作って来た仲間と、オリジナルやジャズ、フラメンコ、ラテンなどミックスしてお届けします。老舗のジャズライブハウスですが、小さめで生音も聞こえます。お酒も美味しいしカウンター席もあって、結構一人で来る方もいらっしゃいます。音に揺れてたらお隣さんとお友達になっちゃうことも。ラフな格好でもお洒落しても!今回はオリジナル新曲を披露予定、楽しい一夜を演出します。


925alfie


★その後はクラシック。
西本智実さん率いるイルミナートフィルに時々参加させて頂いております。私の基礎はクラシックにあります、今やあまりに世界を放浪し過ぎて、はみ出してしまわないようにドキドキしながら弾いていますが、今回の中部関西公演はちょっとはみ出させて頂きます!川西、一宮そして明石3公演。ピアソラの作品を演奏しますが、リベルタンゴで即興させていただいております。毎回お客さんもビックリで、所謂の黒い衣装でアドリブはなんだかちょっと照れくさいのですが、健闘しております!
一宮と明石はチケットがまだあるかもしれません。
10月には昨年に引き続きヴァチカン公演です。
http://illuminartphil.com/


★9月29日は大阪の芦原橋Makeにて、キューバ独特の演奏スタイル「Charanga」をテーマにしたライブがあります。
チャランガスタイルを演奏する人は少ないのですが、バイオリンとフルートは必須で、今回フルートの福留氏とは初共演。どっぷりと、クラシックの影響を強く受けたチャランガを演奏したいと思っています!


osaka929


★東京に戻ったら10月2日は六本木サルサクラブ!
ライブで踊ろうシリーズ第3弾です。普段は聴いても踊ってもいいよ、というスタンスで演奏していますが、どこでも踊れる訳じゃない。という事で、この日は六本木のサルサクラブParaisoでダンサーの為に演奏します。
天井が高くて開放感あり、フローズンモヒートは美味しいし、カウンターもあるから踊らなくても大丈夫。私としては、ジャンル違っても踊り好きな人が自由に踊ってくれたらいいな、と。男性が若干少なめなので、是非ともノリの良い男子を募集!女性を優しくリードして踊って下さいね☆
paraiso102


その後もまだまだ続きますが、とりあえずここまで。
ライブには行きづらいなあ、という方もぜひ覗いてみて下さい!なるべく、みなさんに笑顔になってもらえるように全力を尽くします!秋と言えば美味しいご飯!だけど、ぜひ秋色の音も楽しみにいらして下さいね。

Share !