1月 | 2015 | Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA » 2015 » 1月

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

Salsa!

2015年1月13日

いよいよ出発が近づきました。


cubaegrem


私が最初にちゃんとサルサを踊ったのはキューバ。
Los Van Vanという人気サルサバンドのライブで、とても紳士な人に1時間半みっちり教えてもらい、汗だくになったけど最高に楽しかった!音楽に合わせてステップを変え、展開次第でどんどんステップのグルーヴも変わる。
家族のパーティーの最後もサルサ。おばあちゃんが孫と踊ったり、夫婦でうっとりとバラードを踊ったり。
ニューヨークのサルサクラブに一人でおそるおそる行ったら、すーんごい大きなお腹の、えびす様みたいなプエルトリコのおじちゃんに踊ってもらい、くるくる回った事もないのにくるくる回って、持ち上げられたりカラダが床まで着きそうになったり!
みんなとってもピュアで音楽と踊りに夢中で素敵だった。


「サルサ!」という音楽に惚れ込んで人生が変わってしまうピアニストを描いた素敵な作品があります、私も音楽からのめり込みました。サルサと言っても色々なスタイルがあり、プエルトリコのミュージシャンの美学はとても真っ直ぐでシンプル、ニューヨークはさすがミックスが上手でお洒落なサルサがあったり、キューバはアフリカの要素が強くて独特のスピード感がある。スタイルは違えど歌詞はどれもとってもロマンティック♡
映画 SALSA!


「サルサって楽しー!」というイメージだったけれど、やっぱりどの世界にも存在するジャンル分け。最初に学んだものに執着してしまって、他のものは否定してしまったり。欲望やエゴで踊るとそれは大変な事になります。キューバなんか何でもあり、というイメージもあるかもしれませんが、普通の人は案外奥ゆかしかったりして、礼儀正しい人も多い。
CDでしか踊らないという人もいるけれど、サルサバンドはお客さんとともにその日の音楽を選び、空間を演出する。踊り手もアドリブで楽しみバンドを盛り上げる!そんなイベントが増えたら楽しいんだけどな、と。
日本では中々メジャーになるチャンスがないですが、夏だったら海辺でビールやモヒートを飲んで陽気でリズミカルな音楽を!なんて楽しみ方もあるかも?


先日、とある映画の試写会に行きました。
「SAYAKA、おまえっぽい音楽の映画あるから」と言われ(笑)観に行きましたが、すっごく楽しい映画だった!
有名レストランのシェフが店を辞めて、フードトラックでキューバンサンドイッチを売るというシンプルな内容。キャストはゴージャスだけれどとってもポップな映画で、何しろ美味しそう、、招待状に「上映中は非常にお腹が空くので満腹にしてからご来場下さい!」とあるほど。
マイアミの開放的な街とバックで流れるサルサ、美味しそうなご飯を観てたら、きっとその後ラテン系の店に行って豚肉料理が食べたくなるはず!
という訳でお勧めします!!2月28日から。
こんな映画だったら、サルサを知らない人でも楽しそう、って思うかも☆
http://chef-movie.jp/


chef

Share !