4月 | 2015 | Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA » 2015 » 4月

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

スペインレポート!

2015年4月13日

sp1


スペインは20日間で6都市。ヘレスの本物のフラメンコからバルセロナのアートまで、ライブも含めしっかり楽しんできました!


sp2


そしてなんと言っても、私の第二の恋人(!)のワインを巡る旅もしてきました。
古い歴史を持つマジョルカ島、ペネデスのワイナリーを巡り製造過程を教えてもらいながら試飲をするという貴重な経験をさせて頂きました。
土地によって土の色が全く違い、家族で土地の気候を見極めて、丁寧に作っている感じが感動的でした。一見豪勢に見えて、とてもシンプルである意味質素な生活を送る生産者さんらと幸せな時間を過ごしました。


sp3


sp4


sp5


日本だとワインが美味しくてついつい飲み過ぎちゃったりすると足がフラフラすることもあるし、新橋あたりではかなりいい感じの酔っぱらいが大声出したりしていますが、さすがワインのプロはまるでジュースのようにサラッと飲む。ワイン畑に住んでいるので常に車移動だし、量もたくさん飲んでいないとは思いますが、なんだかやはり酔う為のものではなくてお水のように普通に楽しむものなんだなあと。
最近はビオワインが日本でも流行っていますが、彼ら曰く元々は薬もなかった訳でビオが当たり前だったと。でも今はボトルにビオとわざわざ書かなければ売りにくくなる事もあり、でもビオと書いても質の悪いワインもあるから不思議な話だ、と言っておりました。
香りも味も最高!


ワインだと頭が痛くなる、という方もいますが、高級ワインではなくてもある程度大事に作っているワイナリーのワインであれば頭痛は減るはず!私も1日で三軒まわりましたが、どのワインも堪能して、最後までしっかりバイオリンも演奏出来ました♡


そしてもうご飯は何とも美味しくて!美味しいものばかりだったけれど、特に今回気に入ったのがこちら。


sp6


sp7


アーティチョークとカルソッツ(ネギ)。日本人的にはやはり野菜が重要。もちろんハムだのイワシだの食べましたがこの二皿は本当に美味しかった。


そして今回スペインのメインはカディス。美しい街で観光客に人気ですがフラメンコも盛んで、しかもキューバ人が多く住んでいます。町並みは本当にハバナのよう。
sp8


パーカッショニスト、Katumbaさんのもとに素敵なミュージシャンがたくさん集まり、キューバとスペインが混じり合う熱いセッションの一夜。リハーサルも楽しかった!有名歌手カマロンの甥っ子さんの美しいギターでフラメンコを。そしてキューバの曲を演奏してもどこかグルーヴがフラメンコで何とも気持ちがいい!このサウンドはカディスならではだなあと。
フラメンコは踊りや楽器のテクニックに走る人が多いけれど、パルマ(手拍子、基本のリズム)をしっかり体に入れる事が何よりも重要なんだ、ととあるアーティストが熱弁してくれました。納得。


sp9


sp13


人気歌手David Palomarさんのラジオにも出演しました。キューバでもテレビの取材がありましたが、スペイン語はやっぱりちょっと緊張しますね。。そしてaireflamencoというスペインのフラメンコ情報のサイトにピックアップして頂きました。私でも知っているようなアーティストさんに並んで!嬉しかった!そのお陰でライブにはとってもたくさんの人が詰めかけました。


sp9


sp10


sp11


最初にソロで5分くらい演奏したんですが、カディスならではの曲がたまたま入っていて、お客さんがその音を追っかけてくれる感じが私にもジーンと伝わって、その瞬間は「ああこんな風に海外の音楽を演奏できてシアワセだ〜」って思いながら弾きました。その後に日本の島唄も弾いたのですが、アラブ音楽からも通じる独特のメロディーにみんな興味津々な感じで、やっぱり言葉を超えるってすごく大事な事だなと思いました。
最後は歌手が数人大合唱、みんな最高の笑顔でした。


こちらオマケ!
マジョルカ島に愛の逃避行をしたと言われるショパンの銅像と☆


sp12

Share !

キューバレポートその3<サンティアゴ&ハバナ音楽事情>

2015年4月9日

santiago1


キューバ第2の都市サンティアゴ・デ・クーバ。
サルサというダンス音楽はラテン諸国の色々な要素が絶妙にミックスして作られていったようですが、サンティアゴのソンという音楽はサルサの発展においてとても大事な要素を持っており、素朴でトラディショナルな音楽ですがスピード感とアコースティック感がとても心地よい!
ハバナでは観光地でしか聴けなくなってしまいましたが、サンティアゴでは現在もソンを演奏するバンドがいくつかあり、お昼過ぎからライブをやっている事もあります。入場料は100円から、無料ということも!


santiago2


ハバナや海外にいるキューバ人にサンティアゴやソンの話をすると「なんでそんなの聴くんだ」「なんでわざわざサンティアゴまで行くんだ」とほのかに田舎扱いする人も少なくないのですが、我々日本人からしてみたら生音で歌っていたり、人がより純粋だったりして何だか心を持っていかれるのだと思います。「ハバナの人が忘れた何かがまだある」なーんて日本人だから無責任につぶやいたりして。
私も今回久々に行きましたが、ラッキーな事に良いバンドのライブがたくさん聴けて、しっかり観光気分で聴き入ったり踊ったりしました。特にサンティアゴはおじいちゃんたちのダンスのリードが最高!キューバ音楽の基礎をサンティアゴで習ったらきっと楽しいだろうなと思います。


そしてこの方。
santiago3


ギロ、マラカスなどのパーカッションの職人のカンポさん。
以前買ったものが割れ始めたので今回購入のためご自宅にお邪魔しました。彼の楽器はハバナはもちろん国外のミュージシャンにも人気で、みんなわざわざ買いに来るそうです。ひとつひとつ丁寧に作っている素晴らしい楽器です。
そしたらバイオリンが置いてあってちょっと弾いたらとっても喜んでくれて。
そして前日に観光客の団体さんが大量に買っていってしまってサイズが限られているから、となんとその場で新たに作り始めてくれました。その晩遅くまで作業してくれたようで、次の日街中のお土産屋さんにご本人自ら届けてくれて涙が出そうになりました。街中のお土産屋さんでも買えます、小さいマラカスとか可愛い!


ハバナも最高に楽しいけれど、もし時間があるならば是非とも訪れて欲しい街です。
日本女性で貸部屋をやっている方がいるのでご紹介出来ますよ。


そしてハバナ。
habana1


ハバナではなんと最近ワールドミュージックフェスというのが始まって、ヨーロッパやアフリカのアーティストとサルサを中心に2日間野外でかなり盛り上がっていました。あたしも出たいなっ!と思っちゃいました。
最後は人気歌手イサックがヒット曲を歌い続け、会場中大合唱でした。終わると夜中2時くらい。早めに出たけれどタクシーは捕まらず1時間くらい歩きましたけどね。


habana2


こちら有名なサルサクラブのCasa de la Musica。
このバンドはマイケル・ブランコといって、今年の夏に日本に来ます。
サルサより激しいTimba系のバンドで会場は若い男女で賑わっていました。キューバ人女性は商売目的で来ている場合が多いので、なんだか時々胸が痛くなりますが、人気サルサバンドが演奏するので私も何度か行きました。
このサルサクラブは夕方の部もあり、そちらは値段も違ったりしてキューバ人がほとんど。若いカップルや月に一度の贅沢で来たのであろう熟年夫婦とか結構いい雰囲気なんです。
日本のサルサクラブは基本は誰とでも踊る、というシステムになっていますが、キューバのサルサは元々プライベートで楽しむものなので、割合と誰とでも踊らないのです。商売の人を除いてね。それでも踊る時はパートナーに断りをいれちゃったりして、案外お茶目。


habana3


今回感動した演目。
チャチャチャ、マンボそしてサルサの歴史を音楽と踊りで表現したショーがありました。プロデューサーはアメリカ人!だそうで、ちょっとウェストサイドストーリー的な演出を感じる壮大なエンターテイメント。オーケストラもダンサーもレベルが高くて、しかも往年のスターの映像を使いながらキューバ人の心を鷲掴みにする内容。アメリカとの国交再開の影響も感じられるものでした。
これはきっと海外に持っていくに違いない、と話していましたが、どなたか、日本に連れてきてくれないかしら。。


私はそれほど激しく活動しなかったのですが、チャチャチャを世に広めたオルケスタ・アラゴンのラジオ収録に飛び入りしました。
バンドによって私の浮かび上がるフレーズが変わるのに自分で驚いたりしながら。


habana4


habana5


こちらは最近大活躍のバイオリニスト、ウィリアムのバンドに参加。ピアニストはブルーノートにも来たHalord Lopez Nussa。みんな若くて優秀でエネルギーがはみ出るくらい!キューバのバイオリニストの間で少し話題になり、若くて上手なプレーヤーが次々飛び入りました。
さすがキューバ。


そして私のハバナの楽しみの一つはやはりアフロキューバン。
サンテリアという宗教音楽も興味深く、大地を感じる大好きなダンサーに踊りを少し習ってきましたが、ルンバという男女が即興で踊る音楽が大好きで何度も行きました。
1年間滞在した頃は、同居人がとあるストイックで優秀なパーカッショニストのレッスンを受けていて、私も時々かり出されてクラーベというリズムをその先生のコンガに合わせて叩いたのですが、その緻密さたるや強力で一瞬の油断も出来ない。この経験は後の活動にとても影響したのではないかと思っています。


habana6


habana7


長く滞在していた2000年の頃に比べるとダンサーの感じが変わった気がして、全体的に動物感が減った印象を受けましたが(変な表現だな)あのタイトなリズムと大地をえぐるようなステップにはやはり心を動かされます。生きてゆく事と音楽をするという事の密接さを実感する。
その体から自然に出る女性の美しい動きにどんな男性も負けてしまうほどチャーミングで力強いダンサーと、今回かなり検討した日本男子”Genki”くんの楽しい映像があるので近々こちらにもアップしようと思います。


何度行っても新しい発見ばかりのキューバ。
私なりのキューバを倍楽しむコツは、何よりも、わかったつもりにならないこと。
トラディショナルに縛られないこと。
千円くらいだまされたらこのやろうって言って笑うこと。
日本の物差しで量らないこと。
言葉わからなかったら日本語でなんでも喋ってみること!


ユニークな社会主義の国。
日本人はかなり人気ですから、是非訪れてみて下さいね。
さて、この後は大好きなスペインへと続きます。

Share !

ビデオクリップ☆キューバ編アップ

2015年4月9日

楽しいキューバをイメージして作りました。
曲はオリジナル、Mariposaです。ご覧下さい!
Sayaka y su Palma Habaneraの二枚目アルバムに収録されています。


Share !