3月 | 2015 | Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA » 2015 » 3月

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

キューバレポートその2<生活編>

2015年3月31日

calle


キューバへ観光目的で行くならば、限られた時間を大事にする為にホテルやタクシーを利用してあちこち遊びに行ってもらいたいと思いますが、長期滞在の場合はやはりホームステイが基本で移動も乗り合いタクシーやバスなどを利用します。


ちなみにこれからどんどん貴重になり、アメリカ人が買い戻そうとしているアメ車は基本乗り合いタクシーなんです。
利用するのは少し難しくて、スペイン語が出来てルートを理解していないとちょっと勇気がいるかもしれません。


calle2


こんな感じで、人差し指を差し出してアメ車を待ちます。
二人だと2本指だったり、方向によって手の角度を曲げて運転手に行きたい場所を伝えることもあります。
アメ車が捕まったら行きたい方向を伝えるのですが、このとき運転手が行きたい方向と違うと、ものすごーい残念な表情で「そんなとこには行くもんか」オーラを出してきます。
そして第二関門は扉の閉め方。みなさん大事に乗っている車ですから、ドアを慣れずにバタンと強く閉めるとすごく怒られます(笑)その、閉める瞬間も異常な緊張感が走ります。


calle3


無事に乗れたら勝利です。
ぼっこぼこ揺られながらハバナの街を眺めるとついつい感傷的になってしまいます。
ちなみにとてもマニアックですが、観光名所の旧市街へ行くアメ車を捕まえる時は「ハバナまで」って言うんです。日本語で言い換えると例えばタクシーのおっちゃんに「下町までいく?」みたいな感じかな、そのフレーズ「Pa’ la Habana」(パラバーナ)をキューバ人が言うのを聞くとキュンときちゃうのは私だけでしょうかねやっぱり。


calle4


casa


こちら私の滞在するお家(Casaカサ)の部屋。ハバナ中心地でとても快適。
間借り的な感じです。家主と付き合いが長いため、キッチンを貸してくれたり時々ご飯をご馳走してくれます。
ハバナで宿を探している方はいくつか紹介出来ます。基本スペイン語ですが中々いいものです!コーヒーを出してくれたら身振り手振りで話しかけたりすると急に仲良くなっちゃったりして。それで話に夢中になったらあっという間に夜になってしまったり。


キューバはWifiも増えましたが、値段も割合と高いしWifiに繋ぐ為のカードもすぐ売り切れます。キューバでのアナログ生活にどっぷりはまるとネットをする時間も惜しくなります。下手をすると半日奪われたりしますから。
友人らと会話をしていて、あれ、なんていう名前だっけ、というような会話になったとき日本だったら携帯ですぐ調べられますが、私も今回は携帯に頼らない生活だったので友人らと「ああじゃない、いやこうかもしれない」と関係ない話も含め会話が膨らんで以外と楽しかったりして。


今回ハバナは寒かったので、夜間は足下が冷えます。たいてい靴下を履いていたのですがやはり家の中はサンダルが便利。そうなるとどうしてもこうなってしまうんです。
casa2


ちょっと微妙に心地が悪いんですがだんだん慣れて来るもので。。
そしてある日家主さんの足下をみたら!
全く同じ履き方をしていたのです。しかもどうやらこの履き方は結構メジャーなようで(!?)私のキューバの母もそうでした。
これを「キューバ履き」と呼ぶ事にしました。
そしてこれが正しい履き方。
casa3


なんのこっちゃ。


escuela1


今回は音楽学校へ行ってきました。
私の師匠が教えるクラスを覗いてきました、生徒と一緒にセッションもして非常に盛り上がりました。まあ、とにかくみんな楽しそうでしたよ、ああこうやってアンサンブルを学んでいったら音楽が豊かな国になるんだな、と。皆15歳くらいでしたが、ピアノの男の子の即興がすでに自分の世界感を持ち、かつテクニックもしっかり。お見事。


escuela2


近々学校の様子はビデオでも紹介する予定です!


nino


キューバとアメリカとの国交再開にほぼ国民全員が「変わって欲しい」と強く願っているようです。果たして国民の生活が変わるのか、それがいつなのかは謎ですが。医療や学費が無料というのは素晴らしいですが、薬や楽器は手に入らないという現実。


今年、キューバのスーパーには食べ物も飲み物もなくて、というかなり古い情報を流しているネットニュースを見ましたがとんでもない、確かに種類は少ないけれどお金さえあればモノは買えるし、最近はフランスの高級シャンパンやウィスキー、お洒落なカクテルばかりおくバーも出来たりしてビックリしました。
すでにもう変わってきていますが、これからきっと更に少しずつ変わっていくのだと思います。「行くなら今」というフレーズはあながち間違っていないかもしれませんね。
アナログであったかいキューバ。
子供が活き活きしている国はなんだか未来が明るい気がします。


maraca

Share !

キューバレポートその1<ご飯編>

2015年3月28日

cubaplaya


今回で十数回目のキューバ。
アメリカとの国交再開のせいなのか、私のコンディションのせいなのかは不明ですが、なんだか街がとっても元気な感じがしました!
まあ、仕事がなくてお金がないという口癖は相変わらずでしたが、例えば売店のおばちゃんとか、一見感じの悪い店員さん、ミュージシャンにダンサー、みんな会話を始めれば、楽器を鳴らして踊り始めればこんな天国はない!という位素敵な笑顔で本当に楽しそう。
日本でついつい考え過ぎたり悩んだりすることも一瞬で吹き飛んでしまいました。「ああ、これでいいんだよな」と。


6週間の滞在でたくさん写真を撮ってきました。
ブログで少しずつ紹介したいと思っています。
まずは食べ物からいっちゃおうかな!


mojito
定番、観光地としても有名なモヒート発祥の店、ボデギータ!
京都から初キューバを突如決意して来てくれた友人と一緒に。美味しかった!
日本で飲むお洒落なモヒートとはかけ離れた素朴な味。日本では下北沢のボデギータでも飲めるんだけどね。


aljibe
こちらも観光定番、ミラマール地区にあるEl Aljibeというチキンのお店。1300円位で食べ放題!チキンのオリジナルソースが案外さっぱりでたくさん食べられちゃいます。代表料理、黒豆の煮込みも。


tostone
トストーネという緑のバナナのフライ。甘くないですよ、揚げたては手が止まらなくなります!
キューバ在住の貸部屋をやっている日本女性のおうちで頂きました。旦那さんの料理が最高。


hambruguesa


今回驚いたキューバの変化!ハンバーグにレタスが!!
今までもたまに発見する事はありましたが、この豚ハンバーグかなりレベルが高かったです。150円くらいかな。平均月給が3000円だからかなり高級。わたしも何故かドキドキしながら食べました♡


cafe


cafe2


私の滞在していた家は、コーヒーをフライパンで煎ってエスプレッソで飲みます。今まではCubitaかSerranoというメーカーのコーヒーを買っていましたがやはり煎りたては美味しい。コーヒーはエスプレッソでしか飲まない家の人にSAYAKAは変なやつだと言われながらもドリップで濃いめに淹れて楽しみました。アイスコーヒーにしてお砂糖なしでのんでいたら、おまえ大丈夫か、と言われました(笑)
毎朝、コーヒーと共に秘書のような電話と格闘の時間を過ごします。携帯がない人が多いので、必死で友人を捕まえて、「もし明日出会えなかったら週末のここでは必ず会おう!」とあてにならない約束をして予定を埋めていく感じ。
まあ本当にホテルも電話に出てくれないし、手強いですよキューバは。でも日本も昔はそんな風にアナログだったのだ!今更携帯のない生活、想像出来ますか?


今年のキューバは残念ながら寒かったのですが、なんとか有名なビーチ、バラデロにも友人に招待してもらい行ってきました。こちら大胆なピニャコラーダ。ラムの量は自分で決めて入れます!
pina1


pina2
うふ♡


ビーチ沿いのホテルには、普段の生活では手に入らない食材がたくさん。伊勢エビとか美味しいんだから!
個人的にはつつましい家庭料理の方が好きですが、一瞬だけど、キューバの美しい資源を楽しむ事ができました。


playa2


次は生活編、アップします!

Share !