violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

どんな音楽も素敵!

2017年4月1日




弦楽四重奏、書き続けております。
楽譜出版も予定しているため、ポピュラー音楽から各国民謡まで幅広いレパートリーを手がけています。
楽しくて手が止まらない!!
4月20日に六本木アルフィーライブでは新たに、世界的に愛されたキューバの作曲家兼ピアニスト、エルネスト・レクオーナの名曲マラゲーニャ、アレンジする予定のなかったリベルタンゴは需要があるようなので斬新アレンジでお届けいたします。







先日THE ALFIEEのギタリスト、高見沢俊彦さんと女流指揮者の西本智実さん率いるオーケストラの東京大阪公演にてアドリブソロをさせて頂きました。まずお二人の懐の広さと素晴らしいスタッフ、イルミナートオケの温かい皆様に感謝の気持ちでいっぱいで、とても貴重な経験をさせて頂きました。
それと同時に色々思うこともあり、音楽大学の学生時代のことなど記憶が蘇りました。


私が高校生の頃はクラシック音楽まみれ、世の中の事を何も知らずにただただ必死の毎日でした。
それが嫌でアルバイトしては海外に出るという、今のジプシー人生の基盤が出来上がり、現在は嬉しいことに沢山の国の音楽を演奏する機会を頂くようになりました。
人が感動するのは技術は勿論だけれど、その人の生き様なんかやっぱりもう言葉にならないもの。
最初の1音で心を鷲掴みにされたりする!


でも想像力がなければ何も感じない。
若いと頭が柔軟で、感性のアンテナがビリビリしてるものだけど、日本は割合と年齢に関係なく何かが眠っているような感じがします。新しいものに対しての拒否感とか。私自身、良いものに触れた時にハッと目が覚めるような感覚になることがあります。想像が止まってしまったら何も生み出せない。





何年経っても「あの時の曲が聴きたい、あのバージョンがいい」という気持ちは私も持っているけれど、そればかりの大人がいつまでも出しゃばっていたら若い人は育たないし文化が衰退する!
批評が好きな人もあんまりカッコよくないし好きじゃない。


昔みたいに、クラシック以外は音楽じゃないとか言ってしまう可哀相な人は減ったものの、本当に理解しようとする人は案外少ないのかなと思います。学校では人種に関わる音楽のこととか教えてくれないしね。
アラブ圏の人がクラシック音楽を愛しながら自分たちの魂の歌を歌うとか、美しくてとっても大事な事だなあと思うけど。


まあこんな音楽スタイルで生きていると、ここには書きたくないような経験も時々あります。
びっくりするようなヤツ!そういう人はアフリカ辺りに修行に行って大切なもの勉強させて頂いてきたらいいのになあとか、ね。


私だって人生に大いに迷いはあるものの、素敵な人もたくさんいるし、ワクワクする物を作り続けていきたいなと心から思いました。この地味な作業を続けて、来年あたりから歯車が噛み合って結果につながっていくような気がしております。
気がするやつ大好きってことで!
生音も、ぜひ聴きにいらしてくださいね。


sayakaokinoerabu




★お知らせ★
7月のキューバツアー、もう少し空きがございます♬


キューバツアー

Share !

島!

2016年9月30日







沖縄、普天間のミルベソにてパーカッショニスト太郎ちゃん率いるKACHIMBAとライブ。初日にパワー炸裂!鹿児島の島々へ移動、与論島は残念ながら台風にてキャンセル、沖永良部島はかろうじて野外ライブ、そして奄美では名瀬ASIVIさんにてライブ。
充実すぎる8日間でした。


愛に溢れた島の人たちと一緒にいるとたくさんパワーをもらいます。
私たちも少しでも美しい音を届けられたらと、熱い思いで演奏しました。


台風の影響でいろいろな変更がありましたが、そんな時も焦らずゆっくり、そんな日々をまた大事に過ごす事で幸せになるんだなと。





那覇のお母さんたちが作るお野菜が最高。
上品なスープの沖縄そばに何度も遭遇!美味しくてビックリした!





羨ましいのは、自分たちの歌があること。
島の歌を楽しむことを知っているから、音の受け入れ方も違う感じがするし体もすぐ動く。
そして島の人とたくさん話をして、みんな同じような事考えているんだなあと。
さて次の時代へ向けて何ができるか。


美しいビーチにもどこからかプラスチックなど流れ着くもの。とある学校では、ゴミや流木を探して楽器にして叩いたりしているそうです。そういうの最高だね。





奄美はラジオ出演、新聞にも掲載していただきました。
元貴くんのおじいちゃんがきっと聞いていてくれたはず。
キューバで録音した奄美民謡「行きゅんにゃ加那節」をやっと奄美で演奏できた。
切ないメロディー。あたたかい拍手が嬉しかったなあ。
素敵な元貴ファミリーも応援に来てくれて、最後はみーんな踊ってくれました!
まあ踊らないわけがない(笑)








私なんて無力だけれど、共感してくれる人と共にあったかい輪を広げたいなと!
間口を広く、どんな人の心もキレイに洗い流してくれる青い海を楽しむために。
得たものを独り占めしようとしたり、人の不安を煽ってコントロールしたり、そんな人はもうたくさん。自分の主張を通す時もあるけれど、自分だけの成功よりどうやったらそこにいる人たちが笑顔になれるだろうかって思って生きたら楽しいかなと。時代の変化とともに。


来年も行く予定です。
みんなで島の魅力を楽しめたらなあと思っています!





Share !

旅の収穫

2016年3月26日

kyuhaku


4日間7公演という強行スケジュールの九州ツアー無事終了いたしました!
今回は鹿児島の音楽を心から愛する地元ならではのコアなジャズバーからスタートし、魅力的な空間プロデューサーによる披露宴演出、熊本の熱すぎるサルサイベント、アウディショールームでの豪華なひととき、九州博物館での公演、最後は博多の音楽好きが集まった一夜。


ただ良い演奏をすればいい。ミュージシャンの間でよく耳にする言葉だけれど、今回はそれだけでは通用しない旅でした。
メディアに露出するような有名人なら登場しただけで誰もが納得してしまうけれど、何が起こるかわからないステージは我々だけでなくお客さんからの緊張感も伝わります。ましてやキューバ人歌手カルロスのスペイン語を中心とした内容、どんな反応が戻ってくるのかわかりません。


結果的に全公演、お客さんの笑顔をしっかり見届けることができました。
カルロスの優しくて艶がある歌声、それをしっかり見守るメンバー。


踊る人たちを大事にしないミュージシャンがいるのは事実ですが、ダンスナンバーをただ演奏すればいいわけではなくて、心に届く音を鳴らせば、踊らなくったって心が躍るはず。今回はそんなことを改めて思う旅となりました。
テクニックを見せつけたり派手なアクションで惹きつけることもできるけれど、心の奥がゆるんでしまうような演奏を聴くとやっぱりそれに適うものはなくて。


日本は親子の愛の表現が独特で、褒めて育てるという教育ではきっとなかったので、大人になってもコンプレックスやコミュニケーションに悩む人が多いはず。しかしながら東京を離れると、予想外に体当たりしてくる人や感情が豊かな人に出会ってなんだかとっても嬉しくなります。
一歩一歩、この感覚を忘れずにまた旅に出たいなと思いました。
聴きに来てくれた皆様、ありがとうございました!


そしてTokyoの日々が続きます。
生まれた街だし、素敵な仲間もいっぱいいるし、楽しむのだ!


まずはこちら。浅草のイタリアワインバーにて。
ワイン界では通訳をこなすほどのイタリア通女子、個性的なラインナップを取り揃える魅力的なお店での初ライブです。


pinco


試行錯誤しながら中々面白くなってまいりました、ブラジル料理&ライブハウスにてセッション。
ミュージシャンの乱入が充実してきました!


praca


お次はヨコハマ☆音楽がだーいすきなオーナーさんのこじんまりしたお店で、生音が聞こえるライブ。
毎回ホームパーティーのようなあったかい雰囲気で盛り上がります。


yokohama


4月24日(日)恒例のアルフィーライブ。久々日曜日の六本木、ゆったりいきます♬


alfie


5月1日(日)目黒の東京倶楽部にて高橋ゲタ夫さん中島徹さんと。


trio


そして!!!
もちろんこちら!
レコード発売記念ライブです、予約受付中です、直接お店でも、メールでも、ライブで声をかけていただいても、Facebookでも受け付けます。


japonesa


お待ちしております!!

Share !

新年明けましておめでとうございます

2016年1月8日

★★★ PROMO VIDEO ★★★





★★★ Japonesa en la Habana ★★★


恐竜


fuji


cake


昨年末はお祝い事が多くたくさんの方々に祝って頂きとても幸せな気持ちで仕事納め出来ました。聴きに来てくださった皆様のお陰です、心から感謝いたします。
2年前にキューバのエグレムスタジオで録音したCDが12月26日にやっと発売になりまして、何とも言えない達成感です。日本では鳴らないサウンド、愛がたっぷりつまっています!


年始からは鹿児島でゆっくり、元旦の富士に桜島恐竜公園、秘湯の温泉を楽しんだり子供達に癒されたり、ネットから完全に離れる1週間を過ごすことが出来ました。水のきれいなところは身体が元気になりますね!
温泉


忙しい1年でした。
昨年前半はキューバとスペインに滞在、経済がどうのと言いながらよく笑いよく食べ、演奏は楽しみ方が半端ない。良いエネルギーをたくさんもらって帰国したら、コミュニケーションが取れなかったり人を傷つけるようなことをする人、嘘つきがいたりいい加減な仕事をする人がいたり。自分に自信がないのは皆同じ、奪い合うのではなく、経済的に余裕のない国の子供たちのように与え合えるようになりたい!
とまあがっかりすることも多かったけれど、それを上回る素敵な出会いに恵まれ、秋以降は乾燥とともに楽器もご機嫌でよく鳴りまして。やはり日本はご飯も最高だしいい国だなあと。


ここ何年かオーケストラの現場にも復帰し、人間模様や音楽を学びました。ずっと前から弦楽器のアレンジに力を入れたいと思っていたけれど、時間と心に余裕がなく手をつけられませんでした。でも今年はやるのだ!私にしかできない音作りができるような気がしてならないのです。
弦楽器奏者が弾きながら寝てしまうのではなく、ひゃっほーいとワクワクしながら弾けるようなアレンジを目指したいのです。まあ、相当難しいですけど。。


先日西麻布交差点近くのクラシック奏者が集まるバーにて、有名オーケストラのメンバーが寛ぐ空間に、とある有名なキューバのジャズピアニストらと乱入、バーのオーナーはそんな人とも知らず、ちょっと元気で誰にでも話しかけてしまう空気を読まない彼のキャラを全く理解せず、お店のピアノを30秒弾いただけで「Get out」と怒鳴ったのです。それでそのグループと飲んでいたチンピラみたいな人に汚い言葉をぶつけられて、私達は呆れてピアニストを連れて店を出ました。面白い音弾いてたんだけどね。


そのオーナーさんはお金持ちで学生を助けたりしているそうなんですが、クラシック以外の音楽や人種に対して寛容になって頂きたいと思ったのでした。若い優秀なプレイヤーだけでなく、そのオーナーが恐らく尊敬するようなアーティストはもうそんな偏見を持っていないんだけどね。
そんな都市部ならではの悲しい出来事もありましたが、トウキョウに負けず、私の生き方のように音楽のジャンルをめっちゃくちゃにして楽しめるような音を作ろうと思うのです。


今年も焦らずゆっくりいきます。すでに新たなチャレンジも始まって訓練していますが「気づいたらオンガクしかなかった」という人生は自分は違うかなとここ数年で思いまして、色々なことを楽しめる人間になりたいものです!柔らかい音を出せるよう精進して参りますので、今年もぜひバイオリンらしからぬバイオリンの音を聴きにいらしてくださいませ!


★★★お知らせ★★★


japonesa


こちらが新譜です!
SAYAKA”Japonesa en la Habana”
販売価格3000円(税込)SAYAKA特製ポストカード付き。今回このCDは枚数限定ですのでどうぞお早めに!現在はネット販売しておりませんが、近々郵送も予定しております。iTunesでも販売予定です。


☆ライブ情報☆
年始一発目は六本木アルフィー
1月20日(水)20:00
alfie120
Website : http://homepage1.nifty.com/live/alfie/


1月29日(金)横浜KAMOME 初出演!20:00
Kamome
Website : http://www.yokohama-kamome.com


1月30日(土)OTOIROミニアルバム発売記念ライブ at 中目黒 楽屋 19:30
otoiro
Website : http://rakuya.asia/top.shtml


松原由紀子率いるトリオ、OTORIOのサイトが出来ました。新譜の紹介ビデオもアップしましたので是非ご覧くださいませ!



31日以降も高橋ゲタ夫さんトリオなど続きます。
スケジュールページをチェックしてくださいね☆

Share !

忘れたくないもの

2015年5月23日

mojito


長旅から戻り、東京の生活に慣れたようで、都会のめまぐるしいスピードから逃避してしまう日々。
小さなベランダにスペアミントを植えてモヒートを楽しみ、ハーブ各種を育てながら料理の腕を上げようと奮闘しています。
そしてそんな植物に癒されて曲を書きまくってます!


幸運ながら中米、欧米、アジアそしてアラブ圏を旅する機会をもらい、どの国でも音楽がどれほど人生に彩りを与えるか目の当たりにしてきました。キューバは老若男女が一緒に歌って踊り、スペインは人種を超えて混じり合いながら音楽を作り、日本との問題が多いとされるアジアの国では日本人の音楽に熱いエールを送り、偏見だらけのアラブの国では想像以上にラテン的生活が繰り広げられていて、歌って踊るのが大好き。


korea1


korea2


tunis


しかしながらどこの国に行っても日本の評判は良い!日本人としてはとっても嬉しいのだけれど、でも実はあまりみんな日本の事よく知らないのね。スシ、サムライ、技術と仕事がいっぱいある、程度。だからいつも日本にはこんなこともあるしあーんなこともあるんだよと日本PR活動的な事もしてきます。
例えば食文化、時間や技術の正確さ、落としたお財布が戻って来る国など自慢出来る事はたくさんありますが、どうも東京にいると心が痛む事が多くあります。


知らない人に声を掛けたら不審者かも、という教育をされれば仕方のない事ですが、「ありがとう」という言葉なんかもうちょっとみんな使ったら案外心地よいのではないかと思います。日本人はシャイかもしれないけれど、昔はもっと「かたじけない」とか言ってコミュニケーションしてたんじゃないかなと。「すみません」という言葉が嫌いな人もいるけど、別にあやまって言ってる訳でもないし、黙ってるよりは良い気がする。


先日、渋谷駅で折り返す電車に乗ったら、椅子の片隅に熟睡するおじさんが。かなりの人数が乗ったけれどみんな自分の座る場所確保に急ぎ、おじさんは無視。私も昔はそうしてしまったかもしれないけれど、「終点ですよ〜」とお膝をコンコンしたら「あっ!ありがとうございます!」と寝ぼけた笑顔でお礼を言い急いで降りていきました。
また、最近は近所の子供に倣ってバスに乗る時は運転手さんに会釈するようにしました。さすがに大声で「よろしくお願いします」は恥ずかしいのでね。
日本は思いやりのある国だと思いますが、都心に限ってはそうも言ってられない。外国人のマナーが悪いと言う人もいますが、外国の人からしてみたら、高齢者へ席を譲らない感じは不思議だそうです。
あ!妊婦さんマークはよりハードルが高い。先日友人が年配サラリーマンに腕を掴まれ「座りなさいっ」って言われてかなり嬉しかったそうですが、そんな人が増えたらいいね。


戦後の流れからしてみるとおじいちゃん、おばあちゃんたちには本当に感謝しなければいけないけれど、その後情報過多な先進国になり、人生の選択肢が増えたら目的を失う人も多くなってしまい、「やりたいことはなんだ」「自分が大事」というような言葉が生まれてきた。
目的は大事だけど、目的の為なら手段を選ばないようになってしまったら!


くば


私は今まで旅してきた国々のように、ただ好きだから奏で続け、多くの人の心が豊かになれば良いと心から願うけれど、日本の音楽業界では理解してもらえない事もあり。。利益はもちろん大事、でも見えない利益も同じ位大事にしたい。
楽器さえ中々手に入ない国でも譲り合う人たち。
豊かな国で、芸術の縄張り争いなんてカッコ悪い!


今の私には余裕がなく限界があるけれど、歳を重ねたら「なんでもこーい」って両手を広げられる器を身に付けたいなあ。
日本の評論したがる人々には本当に疲れちゃう。
暫くは、ゆっくりいくかにゃー!


neko

Share !