2月 | 2014 | Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA » 2014 » 2月

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

免許がないので

2014年2月22日

maquina


普段は電車移動ですが、急いでもいないのに我先にと乗り降りする人が多過ぎて若干恐怖症。
毎日満員電車で通勤している人の苦労たるや。。
という訳で私は出来る限りバスを使っています。
慣れると案外快適で、年配の方や子供の利用者が多くなんだかノンビリ。
電車と違って、人々の会話も何故か耳に入ってきます。


あまりネガティブな話は書かないけれど、あまりに強烈だったとある日。
通学、通勤時間だったようで満員。
年配の方が乗車してきても席を譲らない人多数、そして入り口付近で携帯を使う男性、運転手さんが「ご遠慮下さい」と何度か注意するも中々止めない。図太い精神だなあとなんだか心が痛んでいた矢先、今度は車椅子を利用している男性が下車ということでその作業に入る運転手さん。バス停付近に迷惑駐車している車のせいでバスが斜めに停車、車椅子用のリフトが中々うまく掛けられなくて、やっとハマった、と思ったらその車椅子の男性がとてもイライラしながら「ちゃんと掛かってませんよ」と。運転手さん一度バスを動かし、再度掛け直して無事下車。するとその男性はイライラしたまま無言で去って行きました。
リフトを元に戻す時の運転手さんの背中が何とも言えない空気を醸し出していて、きっと今日は「やってられねーよ」とか言いながらお酒を飲むんじゃないかなんて心配しました。
その後、おそらく日本で一番入学が難しいと言われる名門小学校の生徒が数人乗車。バスの乗車率は120%といった感じ。その小学生たちはバスの出口ドア付近で何やら話し込んでいる。あまりドアに近づくと危険なので自動的にドアが開かなくなるのですが、子供たちはお構いなしでドアに寄りかかってお喋り。
そして「危険なので離れてくださーい」という運転手さんの注意を完全無視!小学生ですよ!
あーもうこれは完全にブチ切れたなあ、日本酒いくかなあ。
こういう時は東京が嫌いになります。
楽器を持って交通機関を利用するスリル感。いかにぶつからないか警戒度100%でざくざくと歩く。後ろから当たられる場合が一番悔しい(笑)チェロの人なんか大丈夫だろうか。


cubabus


つい先日は、これまた優秀な学校の女子生徒の会話。多分中学生。
「明日また雪降れば学校休みだよ」
「あーでも明後日休みの方がいいなあ、明日の方が楽だし、体育とか」
「えーでも勉強しないんじゃ学校行く意味ないじゃん」
「ていうか最近なんで勉強してんのって感じ」
「あーわかる、何の為に勉強すんのかわかんなくなってきた」
「オリンピック観てる?」
「オリンピックとか興味ないし」


なんかドキドキしました。
学生時代に学校の授業に興味が持てなくて無駄な時間をたくさん過ごす事ほどもったいないコトはないなあ。


とある日、幼稚園くらいの女の子がバスを降りる時にすーごい大きな声で「ありがとうございましたー!」と言って運転手さんが「はいどーも」と返しているのを見て気持ち良いなと思って、私も最近は乗車時に会釈くらいはするようになりました。どうぞよろしく、と思いながら。
都心の移動ストレスがほんの少しだけ解消されます、よ。

Share !

楽しかったあれこれ

2014年2月19日

今年は1月から旅をしております。
大好きな札幌!
狸小路6丁目の梶原さんのお店、Bettyでライブをしました。
いつも笑顔で迎えてくれる札幌の皆様に心から感謝。「音が柔らかくなって気持ちよかった」など嬉しいコメントをもらい、ライブあとは梶原さんのもう一件のお店、Mini Begでみなさんと乾杯!お誕生日の方もいらして酔っぱらってたけど1曲弾いて盛り上がった!盛り上がり過ぎて素敵な女性に赤ワインをバシャーっとひっかけてしまった。。。


sapporo1


今回も楽しい時間を演出してくれた梶原さんに心から感謝!
札幌最後の夜はFamilia Valera Mirandaのチャングイなレコードを聴いて心がほぐれました。
Changuiを聴くとSonがすごーくコマーシャルな音楽に聞こえる(笑)


今回は1日オフがあったので、強行突破でニセコの友人のペンションに遊びに行きました。
久々のスキー。あまりに柔らかいパウダースノー(なまらパウダー!)だったので転ぶ事もなくゆったり滑りました。
それにしても、ニセコは8割海外の方。日本語が通じなかったりして面白かった。


niseko


女流指揮者の西本智実さんのオーケストラの演奏旅行に参加しています。
今年は名古屋、神戸、岡山と行きましたが、先日京都の南座にてオペラ「蝶々夫人」公演がありました。
なんと祇園の芸妓さんと舞妓さんが出演という事で大変な話題で、チケットは早くから売り切れ。南座なので勿論オーケストラピットもなく、音の響きも少ない。プレイヤーが音量や響きを調整しバランスを取る。
蝶々夫人はオペラ初心者にもわかり易い内容ですが、私は最初に観た時に「イタリア人から見た日本の描写」に違和感を感じたりしました。しかし今回は京都の重鎮先生の振り付け、想像を絶するほどの厳しい訓練を受けた踊り手さんの舞が美しく、演奏しながら感動していました。
花道を使って蝶々夫人が表れるシーンは何度見てもゾクっとしました。歌のプロと舞のプロがお互いを敬いながら舞台を共有している姿も、これぞ日本の心遣いといった感じで美しかった。きっとイタリアで公演したら大変な騒ぎになるのでは。


kyoto1


京都の夜は、、


kyoto2


kyoto3


写真の通りでして・・美味し過ぎて!!


大阪でのライブはたくさんのお客様にお越し頂いて、最初は緊張感があったカルロスも、お客さんの音楽を愛するエネルギーに包まれて最後は日本の歌まで披露!京都のMAKOTOさんの可愛らしい歌も混ざって素敵な夜になりました。
何よりも久しぶりの顔に会えた事が嬉しかった!!また大阪行きたいな。


osaka


今年は海外も多く、今のところインドネシア、チュニジア、キューバそしてイタリア、かな。
いいパワーをたくさんもらって放出して、今年もゆったり進んでいきたい!

Share !