violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

Strings Project 第1弾!

2016年12月10日

strings
Photo by H.Ishii


構想から1年、ゆっくりでしたが第一回目無事に開催できました。
音楽好きの純粋であたたかいお客様に囲まれて、まだまだ鳴らしたてのアンサンブルですが楽しむことができました。私にとっては目標の見える、手応えのある一夜となりました。
六本木アルフィーで弦楽四重奏という無茶なオーダーにも関わらず、スタッフも嫌な顔せず最後まで助けてくれました。
メンバーはご多忙のクラシックを大事に奏でる人たちですが、とても柔軟で、少ないリハーサルにも関わらずとっても興味を持って鳴らしてくれました。プレーヤーである私でも気がつかない楽器の面白い特性や感覚でアイデアを与えてくれます。きっとさらに気持ちよく重なり合うことでしょう。
思いの外色々なところから反響があり、少しずつ冒険していこうと心に決めたのでした。
レパートリーは私の人生らしく完全ノージャンルでいきますが、今回はキューバンクラシックが中心でした。ほんの一部ですが動画をアップしましたので是非ご覧くださいませ。





そして早速次回ライブが決定しました!
2月1日(水)目黒の東京倶楽部です。
皆が呆れるほどにオリジナルアレンジ作品を増やしていきますのできっと意外なレパートリーも披露できるかと思います。


ちょっと不思議な国に行ったりしたせいかヴァイオリニストとしてはイロモノのように見られることもあり、真面目にやろうとしても「それはさやかじゃない」的な感じもあったりして、別にそれでも構わないというか嫌な思いをしてもすぐスイッチできる体質思考なんです。でも自分で枠を決めちゃったらそこで終わってしまうから、失敗しながらも挑戦していこうと思う。
その感覚さえ忘れなければ、新しい音楽や国と出会った時にあまり偏見を持たずに音楽コミュニケーションできるかな、と。


特に派手なパフォーマンスは出来ませんが(いつぞや米国ではしてたけど)かっこつけずもっと音を鳴らせるようになるべく積み重ねていきたいです。全体像を見たくてプレーヤーになりきれない未熟さがどうしても。
はい、またバッハに戻ります。。


カルテットの楽譜を出版まで繋げたいと思っています。
あらゆる楽器、パフォーマーともコラボしていきたいです。
いろいろモロモロ、興味がある方は直接ご連絡いただけたら嬉しいです。


クラシックのコンサートとは少し違う雰囲気で、生音の弦楽器のうねりを是非聴きにいらしてくださいませ!


strings21

Share !

夏に向けて!

2015年7月16日

umi


まったく!東京は湿気地獄ですが!
でも、もうすぐやってくる夏の日差し、真っ青な海を想うとちょっと心がウキウキします。
昔は夏なんて暑くって嫌いだったのに。


ライブのお知らせです。
今月は22日水曜日、青山の老舗ブラジル料理店プラッサオンゼ。


praca


有名なカクテルカイピリーニャ、フェイジョアーダという黒豆の煮込み料理や人気のソーセージ、リングイッサなどご飯が美味しいです!ただしチャーミングなお母さんが一人で作っているので早目に注文するのがポイントです。
この日は割合と若手(!)メンバーでのセッション、古き良き時代の曲から最新のラテン系ナンバーをお届けします。セッション大歓迎ということですでに3名程参加決定、賑やかな夜になると思います。
★青山プラッサオンゼ
http://www.praca11.net/


来月は毎月演奏している六本木アルフィーにて3DAYS決行!
この日はモヒートをたっぷり用意して、ラテンクラブ張りの勢いでいきます。1日目はダンサブルなラテンジャズ、2日目はヨーロッパでヒットしたお洒落なラテンソングなど、3日目はキューバど真ん中のダンス音楽を。
アルフィーは35年続くジャズの老舗ですが、お酒が充実していて一人でふらっと寄っても楽しめるバーでもあります。「中々ジャズのライブハウスは行きにくいわ」という方も、是非トライしてみて下さい!ゆったり楽しくやっていますので、聴き終わる頃にはお友達が出来るかもしれません!?


alfie3


★六本木アルフィー
http://homepage1.nifty.com/live/alfie/


このところの出来事。
札幌日航ホテルのディナーショー。
鈴木京香さんに頂いたドレス♡
大成功でした!!!深夜は狸小路6丁目で楽しんで、充実した2日間でした。
ああ、また行きたい北海道。
札幌1


札幌2


青山プラッサオンゼでの一夜。
2000年に一緒にキューバに演奏に行ったメンバーと。トレス奏者末永さん、ギターのMucho。お二人とも自由で力が抜けていて、、懐かしいサウンドを楽しみました!
七夕の夜は着物でライブ。日本を楽しむというテーマで童謡や民謡も演奏しました。
思いのほか音と合っていると好評でした。


praca


strings


ぜひ、夏の夜を一緒に楽しみに来て下さい!

Share !

フランスジャズフェス!

2014年9月23日

今年8月4日に南フランスのMarciacという素敵な街で行われたジャズフェスに参加してきました。
誘ってくれたのはキューバの超絶技巧フルート奏者Maraca。
Marciac Jazz Festival MARACA
ラテンジャズ界のスーパースターたちとの共演、少ないリハーサルにも関わらず難曲にチャレンジしてきました。
日本は欧米から遠いので中々誘いづらいようですが、今回は久々に声を掛けてくれて嬉しい限り。中々ハードな旅でしたが満喫してきました!
いくつか写真をアップします。


mar1


あまりにフライトが過酷だったため、パリに到着して気分転換にお散歩しました。
どんなに過酷だったかは書くとまた疲れてしまいそうなので書きませんが、史上最悪の航空会社でしたー。「飛行機なんてもう乗らないっ」て一人でだだこねました。


1時間程歩いたらセーヌ川に。ポンヌフでボーとしていたら船を発見。
家族とカップルに囲まれながらセーヌ川、エッフェル塔を満喫しました!


mar2


カフェで赤ワインをひっかけました。
おじいちゃんが相手をしてくれて、一生懸命フランス語を話しました。
スペイン語の前はフランス語勉強してました。大好きな言語!
Tres Joli!って言ってくれた。可愛いって!!


そしてやっぱりフランスに来たらお肉だっ!ってことで一人レストランに。
オススメのやつを頂いてしまいました。


mar3


お肉だけで言ったら日本ですごーく美味しいステーキを食べられるけど、ざくっと出て来るパンやワイン、付け合わせの野菜のうなだれた感じとか、フランスだなあ、と。無愛想っぽいウェイターも話しかけるとみんなお茶目だし親切。


そろそろみんなも着く頃かなあ、と思いながらホテルに戻り、何となく気になって近くのカフェを覗いたら、ビンゴ!このお二人に遭遇!


mar4


世界一のコンビ、Giovanni(perc)とEl Negro(dr)。
やっぱりお肉と赤ワインやってました。
大声で叫んで抱き合って、再会の喜びを分かち合いました。
世界が小さいと感じる瞬間。


パリでリハ後、Marciacへ飛行機で移動。ピアノのHaroldとコーヒーを飲みながら音楽人生を語り合い、私もずっと日本にいれるんだろうか、なんて考えたりして。
Marciacはヨーロッパの映画に出てきそうな、小さくて美しすぎる街。
こんなところでジャズフェス?と思いましたが、ヨーロッパでは休暇を南で過ごすのは定番で、何千人もの人がこのフェスを目指して南下していました。ホテルは少ないから、キャンピングカーで来る人も多いとか。


mar5


そしてもちろんここでも!


mar6


牛肉タルタルだよー!!美味!


リハーサル。Maracaはピアノも上手。というかキューバ人ミュージシャンはどんな楽器もこなすのがスゴイ。私だってピアノ、ベース、パーカッションもキューバで勉強したけど、比になりません。


mar7


アメリカから来たSteve Turre(tb)とBrian Lynch(tp)、フランスに住むフランス語が上手なキューバ人Irving(sax)。みーんなすごくゆったりしてて、素晴らしい人たちでした。


mar14


みんなが浴衣姿の私を珍しそうに見るので、こっちからもメディアのみなさんをパシャリ。


marc8


本番で浴衣を着るつもりではなかったのですが、半ば強制的に早着替えをさせられました。
「おまえ、日本人なんだからキモノ着ないと意味がない!」だそうで。。


mar9


mar10


そしてなんと、リハーサルあとの食事は、フォアグラと赤ワインから始まりサラダ、メインそしてコーヒーまで。
フォアグラの産地だそうで、みんな凄い勢いで食べてました!


mar11


mar12


mar13


あんまりにグルーヴがぐるんぐるんで気持ちがよいので、浴衣で踊り続けました。そしたらベースのPaseiroくんのラインがアフロ&ティンバ感たっぷりになって、すーごいテンション上がりました。
ただとにかくみんなシンコペーションが激しいので(裏拍にアクセントがあるフレーズ)、リハーサルでグルーヴを掴むまで1時間くらいかかりました。キューバ人と演奏するといつも感じること。難しいのに異常にゆったりしてる。


今回の旅も、素晴らしい経験をさせて頂きました。
優しくて実力のある面々に囲まれて、それぞれの人生の片鱗を垣間みると、私も自分の足でしっかり立って、人生を感じながら音楽をやっていきたいな思うのでした。
はてさて、どんな旅が待ち構えていることやら。

Share !

フランスより帰国

2014年8月10日

キューバ、プエルトリコそしてアメリカのラテンジャズ界スターたちによるMaraca & his Latin Jazz All Stars、南フランスのジャズフェス、Jazz in Marciac公演に参加してきました。
素晴らしいフェスでしたよ!!!


メンバーの人柄がとっても良くて、慣れない環境でしたが楽しんできました。
以下ビデオがアップされたのでご覧下さいませ。
本番で浴衣を着る予定ではなかったのですが、「着ないなんてオカシイ」と言われて、ちょっと恥ずかしかったのですが1曲だけ浴衣で参戦しました。めっちゃ写真取られました(笑)





メンバーの、ジャズジャイアンツたちとの共演の話、空港でダッシュしたことやケータリングがフォアグラだった話など、、
短い旅でしたがとっても濃かったです。また報告させて頂きます!


スケジュールもたくさん更新しました!今月末は名古屋と大阪に行きます!!
また、西本智実さんのオーケストラで九州の平戸へ行きます。詳しくはホームページをご覧下さいませ。
http://www.tomomi-n.com/jp/

Share !

楽しかったあれこれ

2014年2月19日

今年は1月から旅をしております。
大好きな札幌!
狸小路6丁目の梶原さんのお店、Bettyでライブをしました。
いつも笑顔で迎えてくれる札幌の皆様に心から感謝。「音が柔らかくなって気持ちよかった」など嬉しいコメントをもらい、ライブあとは梶原さんのもう一件のお店、Mini Begでみなさんと乾杯!お誕生日の方もいらして酔っぱらってたけど1曲弾いて盛り上がった!盛り上がり過ぎて素敵な女性に赤ワインをバシャーっとひっかけてしまった。。。


sapporo1


今回も楽しい時間を演出してくれた梶原さんに心から感謝!
札幌最後の夜はFamilia Valera Mirandaのチャングイなレコードを聴いて心がほぐれました。
Changuiを聴くとSonがすごーくコマーシャルな音楽に聞こえる(笑)


今回は1日オフがあったので、強行突破でニセコの友人のペンションに遊びに行きました。
久々のスキー。あまりに柔らかいパウダースノー(なまらパウダー!)だったので転ぶ事もなくゆったり滑りました。
それにしても、ニセコは8割海外の方。日本語が通じなかったりして面白かった。


niseko


女流指揮者の西本智実さんのオーケストラの演奏旅行に参加しています。
今年は名古屋、神戸、岡山と行きましたが、先日京都の南座にてオペラ「蝶々夫人」公演がありました。
なんと祇園の芸妓さんと舞妓さんが出演という事で大変な話題で、チケットは早くから売り切れ。南座なので勿論オーケストラピットもなく、音の響きも少ない。プレイヤーが音量や響きを調整しバランスを取る。
蝶々夫人はオペラ初心者にもわかり易い内容ですが、私は最初に観た時に「イタリア人から見た日本の描写」に違和感を感じたりしました。しかし今回は京都の重鎮先生の振り付け、想像を絶するほどの厳しい訓練を受けた踊り手さんの舞が美しく、演奏しながら感動していました。
花道を使って蝶々夫人が表れるシーンは何度見てもゾクっとしました。歌のプロと舞のプロがお互いを敬いながら舞台を共有している姿も、これぞ日本の心遣いといった感じで美しかった。きっとイタリアで公演したら大変な騒ぎになるのでは。


kyoto1


京都の夜は、、


kyoto2


kyoto3


写真の通りでして・・美味し過ぎて!!


大阪でのライブはたくさんのお客様にお越し頂いて、最初は緊張感があったカルロスも、お客さんの音楽を愛するエネルギーに包まれて最後は日本の歌まで披露!京都のMAKOTOさんの可愛らしい歌も混ざって素敵な夜になりました。
何よりも久しぶりの顔に会えた事が嬉しかった!!また大阪行きたいな。


osaka


今年は海外も多く、今のところインドネシア、チュニジア、キューバそしてイタリア、かな。
いいパワーをたくさんもらって放出して、今年もゆったり進んでいきたい!

Share !