Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

Cubaレポート

2017年8月18日

cuba amesha


guantanamo3


最高でした!キューバ。
海と音楽とフルーツと。
堪能しすぎて幸せボケから中々抜けられないワタシ。
今回はサンティアゴ、グアンタナモ、バラデロそしてハバナに滞在しました。


santiago


santiago2


第二の都市サンティアゴでは、アフロキューバンを主体とするフェスティバル”Festival del Caribe”を開催中で、海外からもたくさんのアーティストが出演。ハイチからの流れであろう、ダンサーの大地をえぐるようなステップに心奪われました。
柔らかいダンス音楽”Son”も、躍動そして疾走感溢れる音のうねりに体のみならず心も揺れました。
優秀な人材がサンティアゴから離れていってしまい、試行錯誤しているバンドが多いようにも見受けられましたが、生まれた土地の音楽を大事に歌う姿に癒されました。


guantanamo


グアンタナモのゲストハウスのとろけるお手製グアバジュースと素朴で何だか好きなクッキー。


guantanamo2


初のGuantanamoへ。とにかく穏やか。外国人ということで話しかけてくる人が少なく、豊かな食材とゆったりした音楽を堪能。チャングイという極渋の音楽を生音で演奏してくれて、自分がミュージシャンということをすっかり忘れて楽しみました。


habana1


ハバナでは、私を娘のように大事にしてくれた師匠のお母さん、その名もカーチャとの感動の再会を果たし、お互いの積もる話を永遠と。もはや彼女に会うためにキューバに行くようなもので。
そして師匠が所属する歴史あるバンド”Orquesta Aragon”のDanzonをホテルナショナルにて聴き、少し演奏も参加しました。Charanga編成のDanzonがたまらない。
何というか、このグルーヴはどうやったって出せないうねり方なんだ。ただただ素晴らしい。


昨今のキューバでは相変わらずレゲトンという音楽が主流で、若い人はサルサを聴く機会がほとんどない。例えるならば学校行事で時々聴く日本民謡といった感じでしょうか。
でもポップスは面白いアーティストが結構います。ちょっとサルサのテイストが入っていて、歌詞が良かったりしてお洒落。海沿いを走るアメ車でそんな音楽が流れると何だかロマンチックな気分になってしまう。表現が古いですが、でも本当にそんな感じ。


habana2


habana3


立派なオクラとマンゴーと生姜をゲット。豚肉を買って野菜炒めを。
パパイヤジュースの可愛らしいこと。甘くて美味しい!


habana4


予想外に美味しかった鶏肉のブルーチーズソース風味@El Biky(Infanta y San Lazaro)


habana5


キューバで美味しいものを食べたことがない、という方も結構いらっしゃいますが、美味しいものはあります!特に家庭料理。以前はレストランでの食事は中々難しいものがあって、パスタを頼むとうどんが出てくる感じでしたが、最近はレストランもどんどん美味しくなって、サービスも彼らなりに努力が始まっています。個人的には、無愛想に見えて、少しこっちから仕掛けると突然笑顔になるあたりも好きなんですが、チップという制度も機能しつつあり、その駆け引きが面白い。


キューバで働くことの大変さは我々の想像を超えます。助け合いの精神が強く残るこの国では、キューバ人同士でしっかり助け合っています。私も長期滞在で一般家庭のキューバ人からたくさんの大事なことを教わりました。「日本で働いて楽しみに来てるんだから」と開き直らず、外国人として出来ることはしようと心に決めました。


habana6


今回は日本からのツアーを組んでおり、総勢16名の仲間が来てくれました。慣れない土地で多少不便もあったと思いますが、文句ひとつ言わず皆思いっきり楽しんでいってくれました。私もほぼツアコン状態で頑張りましたが、その合間にレコーディングまで決行してしまいました。
昨年立ち上げた弦楽四重奏プロジェクト、キューバ録音です。
優秀なメンバーが揃い、さすがのグルーヴとキレッキレの即興を詰め込んでくれて感激。
更には全世界で不動の人気ドラマーHoracio “El Negro” Hernandezが参戦!長年かけて積み重ねてきた繋がりが功を奏したレコーディングとなりました。
これから日本のクラシックの精鋭たちを巻き込んで録音をし、楽譜の出版に合わせてCDも発売できたらと企んでおります。
きっと、私ならではの作品に仕上がると思います。


たくさんライブにも行きました。会いたい人たちに会えました。
ベーシスト、Alain Perezのサルサバンドが印象的だったなあ。音楽の作り方からスーテージングまで、中々キューバの人が作らない緻密なショーでした。何よりミュージシャンが若く、きっちり統率していてみんな生き生きしてた。お客さんも入りきらないほど。
DVD共演させて頂いている超絶技巧フルートのMaracaのセッション、大御所サックスCesar Lopezも素晴らしかった。ポップス系のバンドもとっても盛り上がってたなあ。


habana7


いつも笑顔で迎えてくれるサルサバンドManolito y su Trabucoのマノリートさん。色々な変化を受け入れながら変わらない強固で美しいグルーヴに何だか笑顔が止まらなかったなあ。バンマスとしての在り方に感動してしまった。
斬新なサウンドを生み出す勢いのあるバンド、恐ろしいほど完璧なテクニックで遊ぶ人たち、お金に惑わされるアーティストそしてただただ美しい音を紡ぐ人たち。
聴く側が「古き良きもの」に固執したくなるのはわかるけど、そうなってしまったら感性は死んでしまうから、否定せず、わかった気にもならず音を体で受け止めていきたいなと再確認しました。
キューバに限らず、とあるジャンルに傾倒するとそれが自分にとって特別なものになり、ついわかったような気になってしまう。独占欲も出たりね。


複雑な金銭事情がある国ですが、ごく普通のキューバの人は本当に真っ当で、真面目に働いて心遣いがあってとっても優しい。
止むを得ずお金とともに関係性を築く人もいますが、そこに囚われることなく、純粋にぶつかってゆくと一歩先に進めることもあると思います。
観光業を中心に街の変化はあるものの相変わらず可愛らしい国、ぜひ一度訪れてみてください。


そして最後は、、
とろけるビーチ、バラデロ!!!


habana7

Share !

ご報告

2017年8月13日

りんご


雨ときどき晴れ、台風、どんより曇り空。
体も楽器も参ってしまうこの時期、木々にさえエネルギーを吸い取られる気持ちがしますが、これも秋に美味しいものをたくさん食べるためだと妙に納得し、暑さを乗り越えていこうと思うのです。
さて私事ではありますが、年末に長女を出産の予定となりました。キューバ1ヶ月滞在、8月も9月もツアーがあり妊婦とは思えない日々を過ごしている訳なんですが、無理せずそして通常通り楽しむつもりです。
演奏活動は現時点で10月12日六本木アルフィーでのライブ以降お休みとし、現在力をいれつつある弦楽四重奏プロジェクトの執筆活動に専念する予定です。
演奏開始は遅くとも1月にはスタートする予定です。やはり演奏は楽しい!きっと弾きたくなるに決まっています。
という訳で、また活動再開のお知らせをこちらでさせていただきます。
これからもパートナーと共に精進してまいります、どうぞあたたかく見守ってやってくださいませ。

SAYAKA

Share !

インタビュー記事掲載

2017年6月16日

先日書類を整理していたら、今までのCD発売に合わせての雑誌の記事がたくさん出てきて、いくつか読み直してみたらまあなんと生きるスピード感の違うこと。「人間はそうは変わらないよ」という割合とメジャーな言い回しがありますが、ワタシ的には「いやはや変わるもんだよね」ってカンジで。。


先日cafeglobeのインタビュー記事がアップされました。
何度も会わずとも何か共通の言葉が見つかるような、可愛らしい女性による記事。



キューバに魅了されたバイオリニストSAYAKA / cafeglobe


有難いことです。
音楽人生で何度か「あなたには売れたいとか音楽家としての野望を感じなくて難しい」的なことを言われましたが、確かに売り出す側にしてみたら扱いにくいヒトなのかもしれませんね。
もっと体揺らしながら楽しんでます感出しまくって、難しいフレーズを激しいリズムに合わせて弾いいた方が”上手に見える”かもしれませんが!まあ無理ですねやっぱり。


最近は年に何度かオーケストラのお仕事もさせて頂いて、昔から大好きでしたが長いブランクで集中力の使い方がコントロールしきれないのです。しかし慣れてる皆さんはしれっとこなすんですよね。変拍子だらけの現代音楽に至っては、全体像を理解しようとするあまり疲労が限度に。まあもうちょっと自分のパートに集中すればいいんでしょうけど、管楽器や打楽器が何をやってどう感じているのかが気になってしまって。
色々なタイプの集中力があると思いますが、オーケストラの集中力ってやっぱり半端ない。一瞬でも気持ちよく浸っていたら取り残されそうな感じ。まああれだけの人数で一緒になろうとするわけですからね。
文句一つや二つや三つも言いながら、真摯に向き合う仲間たちを見てると感動してしまいます。


という訳で、そんな世界も垣間見たりしながら演奏活動をしていると、短絡的なものは手が出しにくくなる訳で。。
頼むから、表面でなくあの中の方で揺れてる彼らの音を聞いてくれ、と叫びたくなります。


私もそんな音を出せるようにもがいているわけです。
そして、その命がけの音をしかと聴いてくれる人たちの前で演奏したいのです。
切実な願い。


キューバまでカウントダウン。
ツアーは定員を若干オーバー、断念された方もいらっしゃいましたが、何とも物好きなみなさんと(物好きはワタシか)あの美しい国へ行って参ります!
長めの休暇が取れたら是非一度訪れてみてくださいね。











今月のライブは残すところ二つ。
17日(土)は久々にカルロスとデュオ。この人の何とも言えない魅力的な声に寄り添って弾くのは本当に幸せなのです。



ゆったり聴ける、六本木のジャズの老舗です。
28日(水)は打って変わってダンス音楽バンドCHAKALA。
お待ちしております!

Share !

7月はキューバへ行ってきます!前後はライブ三昧。

2017年5月31日

cuba1


インプットの時期がやってまいりました!
1年間住んだのが2000年。その後も行き続け何回行ったのかわからない、、
滞在時にお世話をしてくれた第2の母に会う為に行くようなものです。まあ、2年以上間が空くと地球の裏側から殺意を感じるのです。
もはや強迫観念。。


アメリカとの国交が再開し、変わって行く前に訪れたいという人が増え、今回はトラベルボデギータさんの協力のもとツアーも企画しました。
とにかく予定が組めない国なので、行ってみないとどんなツアーになるのか予測できませんが、きっとあの海と空と笑顔と音楽に触れたらみんな幸せになっちゃうだろうな、と。


cuba2


みんな!人生は1度きりだ。ちょっと無理してでも、行きたいところには行くのだ!!


というわけで7月1ヶ月間日本を離れます。
帰国後は鬼のようなスケジュールですが、仕事があると思うとちゃんと予定通りに帰ってこれるもので。8月は楽しい中部・北関東ツアーが待っている!


6月は17日の土曜日に美しい声の歌手カルロスと恒例の六本木アルフィー。
バイオリンをゆったり鳴らせる幸せな日。
そして28日水曜日は毎回必ず恐ろしく盛り上がるCHAKALAライブ。9ヶ月ぶり!


chakala


結成からなんと17年。
当時、偉大な先輩方からのアドバイスを度外視した爆音バンドをやろうぜ!ということで結成し、ヴォーカル無しでどこまで踊れる音を作れるかと熱中しました。近い世代と音楽をやれることの楽しさ。
今では中堅どころなりつつあるメンバーですが、集まるとココロは当時のまま。多少の無理はオッケー、面倒くさいことは排除、ただただ楽しくやるだけ!!


キューバ留学中、音楽がダンスとともにあることを全身で感じた私は、日本に帰ってきてもその楽しさを持続させたかった。
日本みたいに何でも短時間で集中してこなさなければならない国では、頭で考える事が多くなるからグルーヴや単純な楽しさが減っていく。
それを許したくないのがCHAKALAで、メンバーは皆踊るのも好きだし(案外日本のダンス音楽業界では珍しい)、ひょこひょこしたステップで演奏してたらなんかかっこ悪いもんね。


てことで、聴くだけももちろん、踊るのが大好きな人にも喜んでもらえるようなラインナップをいつも考えています。
グルーヴさえあればどんな曲でもいい、っていうレベルは超えたいからね!踊りにも物語があるんだ。


キーストーンクラブ東京は、お酒に愛があります。
お酒が美味しくないライブハウスはがっかりしますが、ここは格別。山口出身のオーナーさんならでは、美味しい日本酒もあります。日本には飲食店なのに飲み物を注文しない、サービスに対してはお金を払わない、という感覚の人がいますが、我々が演奏できるのはお店の協力あってのもの。モヒートの価格交渉に成功したので(!)ぜひ飲食も楽しんで下さいね。


弦楽四重奏プロジェクトも地道に続けています。
なんとか今年に楽譜第1弾の出版を。
”話題の楽譜”目指してやるぜ!!


こちら、今年4月のライブ映像ダイジェスト。
ピアソラをやりました。アレンジ楽しい!





皆様にとって素敵な夏が訪れますように!

Share !

どんな音楽も素敵!

2017年4月1日




弦楽四重奏、書き続けております。
楽譜出版も予定しているため、ポピュラー音楽から各国民謡まで幅広いレパートリーを手がけています。
楽しくて手が止まらない!!
4月20日に六本木アルフィーライブでは新たに、世界的に愛されたキューバの作曲家兼ピアニスト、エルネスト・レクオーナの名曲マラゲーニャ、アレンジする予定のなかったリベルタンゴは需要があるようなので斬新アレンジでお届けいたします。







先日THE ALFIEEのギタリスト、高見沢俊彦さんと女流指揮者の西本智実さん率いるオーケストラの東京大阪公演にてアドリブソロをさせて頂きました。まずお二人の懐の広さと素晴らしいスタッフ、イルミナートオケの温かい皆様に感謝の気持ちでいっぱいで、とても貴重な経験をさせて頂きました。
それと同時に色々思うこともあり、音楽大学の学生時代のことなど記憶が蘇りました。


私が高校生の頃はクラシック音楽まみれ、世の中の事を何も知らずにただただ必死の毎日でした。
それが嫌でアルバイトしては海外に出るという、今のジプシー人生の基盤が出来上がり、現在は嬉しいことに沢山の国の音楽を演奏する機会を頂くようになりました。
人が感動するのは技術は勿論だけれど、その人の生き様なんかやっぱりもう言葉にならないもの。
最初の1音で心を鷲掴みにされたりする!


でも想像力がなければ何も感じない。
若いと頭が柔軟で、感性のアンテナがビリビリしてるものだけど、日本は割合と年齢に関係なく何かが眠っているような感じがします。新しいものに対しての拒否感とか。私自身、良いものに触れた時にハッと目が覚めるような感覚になることがあります。想像が止まってしまったら何も生み出せない。





何年経っても「あの時の曲が聴きたい、あのバージョンがいい」という気持ちは私も持っているけれど、そればかりの大人がいつまでも出しゃばっていたら若い人は育たないし文化が衰退する!
批評が好きな人もあんまりカッコよくないし好きじゃない。


昔みたいに、クラシック以外は音楽じゃないとか言ってしまう可哀相な人は減ったものの、本当に理解しようとする人は案外少ないのかなと思います。学校では人種に関わる音楽のこととか教えてくれないしね。
アラブ圏の人がクラシック音楽を愛しながら自分たちの魂の歌を歌うとか、美しくてとっても大事な事だなあと思うけど。


まあこんな音楽スタイルで生きていると、ここには書きたくないような経験も時々あります。
びっくりするようなヤツ!そういう人はアフリカ辺りに修行に行って大切なもの勉強させて頂いてきたらいいのになあとか、ね。


私だって人生に大いに迷いはあるものの、素敵な人もたくさんいるし、ワクワクする物を作り続けていきたいなと心から思いました。この地味な作業を続けて、来年あたりから歯車が噛み合って結果につながっていくような気がしております。
気がするやつ大好きってことで!
生音も、ぜひ聴きにいらしてくださいね。


sayakaokinoerabu




★お知らせ★
7月のキューバツアー、もう少し空きがございます♬


キューバツアー

Share !