インタビュー記事掲載 | Blog | violinist SAYAKA ヴァイオリニスト SAYAKA » インタビュー記事掲載

      violinist SAYAKA メールニュース登録

下記フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

※既存のメールニュース「CHAKA NEWS」が届いている方は登録の必要はありません。
※携帯からご登録の方はドメイン指定受信設定をお願いします。

お名前 (メールニュース登録名 必須)

メールアドレス (必須)

SAYAKA ブログ

インタビュー記事掲載

2017年6月16日

先日書類を整理していたら、今までのCD発売に合わせての雑誌の記事がたくさん出てきて、いくつか読み直してみたらまあなんと生きるスピード感の違うこと。「人間はそうは変わらないよ」という割合とメジャーな言い回しがありますが、ワタシ的には「いやはや変わるもんだよね」ってカンジで。。


先日cafeglobeのインタビュー記事がアップされました。
何度も会わずとも何か共通の言葉が見つかるような、可愛らしい女性による記事。



キューバに魅了されたバイオリニストSAYAKA / cafeglobe


有難いことです。
音楽人生で何度か「あなたには売れたいとか音楽家としての野望を感じなくて難しい」的なことを言われましたが、確かに売り出す側にしてみたら扱いにくいヒトなのかもしれませんね。
もっと体揺らしながら楽しんでます感出しまくって、難しいフレーズを激しいリズムに合わせて弾いいた方が”上手に見える”かもしれませんが!まあ無理ですねやっぱり。


最近は年に何度かオーケストラのお仕事もさせて頂いて、昔から大好きでしたが長いブランクで集中力の使い方がコントロールしきれないのです。しかし慣れてる皆さんはしれっとこなすんですよね。変拍子だらけの現代音楽に至っては、全体像を理解しようとするあまり疲労が限度に。まあもうちょっと自分のパートに集中すればいいんでしょうけど、管楽器や打楽器が何をやってどう感じているのかが気になってしまって。
色々なタイプの集中力があると思いますが、オーケストラの集中力ってやっぱり半端ない。一瞬でも気持ちよく浸っていたら取り残されそうな感じ。まああれだけの人数で一緒になろうとするわけですからね。
文句一つや二つや三つも言いながら、真摯に向き合う仲間たちを見てると感動してしまいます。


という訳で、そんな世界も垣間見たりしながら演奏活動をしていると、短絡的なものは手が出しにくくなる訳で。。
頼むから、表面でなくあの中の方で揺れてる彼らの音を聞いてくれ、と叫びたくなります。


私もそんな音を出せるようにもがいているわけです。
そして、その命がけの音をしかと聴いてくれる人たちの前で演奏したいのです。
切実な願い。


キューバまでカウントダウン。
ツアーは定員を若干オーバー、断念された方もいらっしゃいましたが、何とも物好きなみなさんと(物好きはワタシか)あの美しい国へ行って参ります!
長めの休暇が取れたら是非一度訪れてみてくださいね。











今月のライブは残すところ二つ。
17日(土)は久々にカルロスとデュオ。この人の何とも言えない魅力的な声に寄り添って弾くのは本当に幸せなのです。



ゆったり聴ける、六本木のジャズの老舗です。
28日(水)は打って変わってダンス音楽バンドCHAKALA。
お待ちしております!

Share !